特定非営利活動法人
慢性疾患診療支援システム システム研究会
Association for Research in Supporting System of Chronic Diseases

 

20181220


NPO法人慢性疾患診療支援システム研究会
第15回学術集会のお知らせ

健康長寿のための健康情報の活かし方
~南アルプス市における取り組みを中心として~


 高齢社会の到来と共に、情報社会の発達により医療データの管理が大きく変化しているなか本NPOでは10数年にわたり医療健康情報の管理システムの構築と運用を進めてまいりました。
昨年より南アルプス市、ならびに南アルプス市薬剤師会と協力して医療にとって最も重要な薬剤情報の共有化を進めてまいりました。
また「電子母子手帳」も開始いたしました。
そこで今回の学術集会は、下記のような内容で開催いたしたいと思っております。
医療関係者の皆様はもちろん、行政の方々、企業関係者、学生、一般の方、他より多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

 尚、学術集会に先立って、NPO法人慢性疾患診療支援システム研究会第10回通常総会を開催いたします。 会員の方は是非ご出席ください。
会員でない方々のご参加も歓迎いたします。また、当日ご入会も受け付けておりますので、この機会にご入会いただけましたら幸いです。

日 時:平成31年2月17日(日) 午後1時より (正午より受付開始)
場 所:南アルプス市健康福祉センター(かがやきセンター)
    山梨県南アルプス市飯野2806-1
参加費:無料

(1)特定非営利活動法人慢性疾患診療支援システム研究会
   第 10回通常総会    午後12時半より
(2)慢性疾患診療支援システム研究会
   第15回学術集会    午後1時より

【プログラム】
1. 電子お薬手帳のご紹介:マイ健DMの会お薬手帳スライド(PDF)
南アルプス市薬剤師会と協力して市民の健康管理の一環として進めている電子お薬手帳の現状についてご報告いたします。

2. 電子母子手帳:e母子手帳(PDF)
これまでは紙の母子手帳で小児期までの健康管理を行っていますが、その情報は大人になるとあまり活用されていません。しかし最近の研究で乳児や小児期の健康情報が成人してからの健康管理に非常に重要であることが判明いたしました。本研究会は電子的に乳幼児から小児さらに成人期までを一貫して管理する生涯健康管理システムを構築しております。その一環として今回電子母子手帳の運用を開始いたしましたので、ご報告いたします。

3. 南アルプス市健康リーグの取り組みについて:
南アルプス市では市の健康増進に対する取り組みとして健康リーグ運動を進めています。今回この取り組みについてご報告いたします。

4. 国が支援するビッグデータAIを活用した全国的な医療福祉への取り組みについて:
近年ビッグデータ、人工知能の組み合わせで健康管理を進める。さらに医療健康情報を産業として活用する動きもみられます。現在の国としての取り組みや今後の動向についてご報告いたします。



【お申込み・お問い合わせ】
参加希望の方は事務局へ、2019年2月8日までにメールでお申し込みください。
事務局 E-mail:info@manseisien.jp

以上

<お申し込み、問い合わせ先>
NPO法人慢性疾患診療支援システム研究会事務局
〒409-3898 山梨県中央市下河東1110
   山梨大学医学部内
   Mail: info@manseisien.jp


前のページへ戻る

マイ健システム

ページのトップへ戻る